ヤマダヤ公式オンラインショップ,LASUD,SCOTCUB,nouer,ラシュッド,スコットクラブ,ヌエール

YAMADAYA onlinestore > ラシュッドオンラインショップ > 特集一覧 > STYLISH 002:AYA KUBOTA



良いショップにとって大切な要素は、商品とスタッフです。
この特集は[スタッフ]に焦点を当ててつくりました。
全国各地にあるショップの、個性あるスタッフをご紹介できたらなと思います。

窪田さんは本社に来る機会が多いので、一緒に仕事をすることも多い。
彼女はいつも新しいファッションを探しているように思う。
私は新しいものに対する好奇心や、チャレンジ精神がファッションを愛するものにとって一番大切だと思っているので、
いつかファッションについてゆっくり話がしたいと思っていた。ファッションのプロフェッショナルとして…
今回は窪田さんのお勧め新作コーディネートとともに、大人のファッション談義をしていきたいと思います。笑









INTERVIEW
AYA KUBOTA SUPER VISOR
Editing : Shiho Murakami [ LASUD onlineshop ]
Interview & Text : Hirofumi Ueno
Model : Chihiro Kondou
Photo : Hirofumi Ueno



— まずは、自己紹介としてどのようなお仕事をしているか教えてください。
大阪の大日店を拠点とし伊丹、大和郡山、和歌山、草津の店舗管理(マネージメント)をしています。
具体的には1ヶ月の中で各店を定期的にまわります。実際に現場をチェックして店長とコミュニケーションを取りながら売り場構成や接客の見直しをしたり、
先の取り組み準備をして、売上に繋がる戦略を一緒に考えたりアドバイスをしています。
またタイムリーなスタッフの悩みにもなるべく気づいて解決できるように心掛けています。







— 見るたびにに違うスタイルをしてますよね。
それは単に新しい服を着ているということではなく、いつも違うテイストでということなんですが。その感覚はどこからくるのですか?

自分ではパターンが決まってる、、と思っていたので、いつも違うスタイルに見えていたなら嬉しいです。
雑誌、インスタ、好きなお店のスタッフの着こなしなど参考にしています。
昔はトレンドをどう取り入れるかを考えていましたが、今は自分に似合う着こなしをベースに新鮮さを少しプラスするぐらいがちょうどいいかと思っています。



— 大人になったら似合うようになるものってあると思うんですよね、だから常にスタイルは変化していくんですよ。
でも「これだけはずっと好き!」みたいなものは何かありますか?

洋服と絡むアクセサリーです。
特にピアスやイヤリングは必ずします。
洋服との相性を探るのが好きです。







— 今はみんな服にあまりお金も掛けないですし、ファッションに対する価値観は変わってきています。
そんな中、どんな女性になっていきたいですか?
また、どんな気持ちで店頭で接客をしていますか?

洋服は自分にとってはモチベーションがあがるものであり続けたいです。値段の張る洋服も、着こなせる中身のある女性になれるように日々努力です。
仕事ではキャリア的にも後輩が沢山いるなかサポートする立場になり、人の強みを生かすことが自分のやりがいでもあり共に向上していきたい!
という気持ちが最近は強いです。店頭での接客が回数が少なくなった分、情報の収集は抜かりなくしています。
経験を生かして間違いのない安心感を与えられる接客を心掛けています。







— ありがとうございました!最後に、今回のスタイリッシュへの感想をお願いします。
こちらこそありがとうございました。
この春はスカートが履きたいという自分の気分もあったので、スカートスタイルを2パターン作りました。
モデルの近藤さんとは同じ大日店で日々インスタなどを一緒にやっているので、仕事がしやすかったです。
自身の撮影は恥ずかしかったですが、スタイリッシュの出来上がりを楽しみにしています。












STYLE 1
パーカー×プリーツスカート
ストリートなロゴパーカーをプリーツの上品なスカートと合わせました。
スカート丈がたっぷり長めというバランスがポイントです。



    











STYLE 2
ギンガム×ロゴT×シャツ
ロゴTの赤とギンガムの三色使い(トリコロール?)でカジュアル合わせでも
色を押さえているところがポイント






    










写真
窪田あや AYA KUBOTA
大阪府出身
1996年入社
LASUD大日店勤務





撮影で使用した商品はこちら
近藤さん